loader
Page is loading...

Alerts

新規則実施による永住権取得への影響

2020年2月17日   |   アナーバー | アトランタ | デトロイト | シカゴ | コロンバス | ダラス | デラウェア | エルクハート | フォートウェイン | グランドラピッズ | インディアナポリス | ロサンゼルス | ミネアポリス | ローリー | ソルトレイクシティ | サンディエゴ | サウスベンド | ワシントンD.C.

1月の米国最高裁判所の裁定により、USCISは2月24日よりInadmissibility on Public Charge Grounds Final Rule(公的扶助の否認条件に関する新規則)を実施することになった。この新規則は、政府が「公的扶助を利用する可能性が高い」外国人の永住権申請を拒否しやすくすることを目的にしており、連邦裁判所によって禁止されているイリノイ州を除き、新規則は全米で有効となる。

詳しくは英語版をご覧ください。

©2020 Barnes & Thornburg LLP. All Rights Reserved. 書面による許可なく複製することを禁止します。

本ニュースレターは、法律の最新情報、動向をご案内するものであり、いかなる場合も法務サービス、法務アドバイスの意味を持つものではありません。本ニュースレターは、一般的な案内目的でのみ配布されるものですので、個々の問題については弁護士までご相談下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、イベントのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

メーリングリスト登録へ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。