loader
Page is loading...
概要

データセキュリティ&プライバシー Lock it down

情報、知識、データはビジネスの要です。ビジネス、健康、消費者に関するデータの収集、保存、利用、拡散に関するテクノロジーの発展と共に、データ保護、プライバシーへのリスクは高まり、サイバー攻撃、データ漏洩等のニュースがない日は珍しいほどです。多くの連邦法、州法、規制等が実施になっていますが、データ保護の対策は明確ではありません。

当部門では、データ収集、保存、拡散に関するリスクの分析、緩和、及びリスク管理ポリシー、事業継続計画、データ漏洩への対応等についてアドバイスを差し上げています。データ漏洩、サイバー攻撃のリスクはベンダーとの効果的な契約、保険プロバイダーとの包括的なサイバー保険ポリシー等で管理、移転が可能です。データセキュリティやプライバシーに関する連邦法、州法、規制は変化を続けていますが、常に最新の法務サービスをお届けしています。

法的な問題だけでなく、データ漏洩、サイバー攻撃に際したPR部門の対応、レピュテーション・マネジメントに関してもアドバイスを差し上げています。世界的大手企業のテクノロジー、医療、保険、セキュリティ等の問題解決に豊かな経験を持つ弁護士が、データセキュリティ、プライバシーに関する問題を見つけ出し、業務手順を改善し、ビジネス向上に向けたアドバイスを提供しています。

主な取扱分野

  • プライバシー、データセキュリティ関連法規のコンプライアンス
  • リスク低減のためのポリシー、手順設定
  • 外部からの個人情報の収集、保存、商用使用
  • 知的財産、トレードシークレット、プライバシー侵害、個人情報の開示、その他のデータ漏洩等、データセキュリティ関連訴訟
  • 摘発、訴追等でのクライアント代表
  • ベンダー契約、クラウドコンピューティング、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)上の提携など、プライバシー、データセキュリティに関わる契約の作成、レビュー、交渉
  • プライバシー、データセキュリティの保険に関し、不当に保険が払い戻されない、又は全額補償を拒否されたことに対する訴訟、或いは保険購入時のアドバイス提供
  • M&A契約のプライバシー、データセキュリティ関連条項の交渉.

これまでに大手グローバル企業、組織においてデータ漏洩の査定、通知義務のリサーチ、データ漏洩の際の世界各国での従業員通知作成、政府機関から義務付けられる通知に関するアドバイス提供、社内通知、メモの作成、また、データ漏洩後の団体訴訟での企業代表、ハッキング事件の捜査対応、米国・カナダ間のデータ移管に関するアドバイス提供、及び、テクノロジー企業立上げに際し、ビジネスの命運を握るデータの漏洩防止、プライバシー保護に関するポリシーや手順作成等をお手伝いしています。

また、データ漏洩による損害をサイバー保険、一般損害賠償、商事犯罪等の保険金回収をお手伝いしています。更に保険の選択、訴訟のカバレッジ問題、ブローカーの過誤等に関する法務サービスも行っています。

データセキュリティ&プライバシー部門弁護士

アン・グレイソン

パートナー
E-discovery and Knowledge Management Chair

インディアナポリス

P 317-231-7202

F 317-231-7433

トッド・ヴェア

パートナー
Data Security and Privacy Co-Chair

インディアナポリス

P 317-231-7735

F 317-231-7433

EXPERIENCE
PROFESSIONALS
INSIGHTS & EVENTS
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。