loader
Page is loading...
概要

ブラッド・フォーコフ
オブ・カウンセル(退職)

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

P 312-214-8304

F 312-759-5646

概要

ブラッド・フォーコフ
オブ・カウンセル(退職)

シカゴ

One North Wacker Drive
Suite 4400
Chicago, IL 60606-2833

P 312-214-8304

F 312-759-5646

シカゴ事務所、訴訟部門に所属した弁護士。現在は退職している。

OVERVIEW

シカゴ事務所、訴訟部門に所属した弁護士。現在は退職している。

シカゴ事務所パートナーとして訴訟部門に所属。マネージメント&倫理委員会メンバーで、10年にわたり、シカゴ事務所訴訟部門のアドミニストレーターを務めている。特に、製品製造責任(P/L)訴訟、商事訴訟を専門としている。また、ワランティ訴訟、消費者詐欺訴訟で、自動車、トラックメーカー業界の企業を代表している。

全米の連邦裁判所、州裁判所、控訴裁判所において、団体訴訟を含む製品関連の訴訟を数多く手がけ、オートバイ、自動車、プレス機、殺虫剤、医療補装具、洗濯乾燥機、建築材料などに関する訴訟で企業を代表している。また、建設契約、競業避止契約、不当競争に関する訴訟、株主間紛争など、契約、商事関係の訴訟も専門としている。

記録保管、管理のプログラム設定、取り扱い説明書、メーカーからディーラー、代理店に向けた製造責任訴訟回避プログラム等の作成など、製品開発に関する様々な分野でプロアクティブに法務アドバイスを行っている。

製品製造責任における不良欠陥の提示、証拠隠滅、警告義務、記録保管プログラム設定の重要性、製造責任訴訟でのプロアクティブな対応など、製品製造責任に関する多くの著作物も執筆している。

連邦法Magnuson-Moss Warranty Actの陪審員用解説書をイリノイ州最高裁判所に提出し、採用されたシカゴ弁護士協会商事訴訟委員会のメンバーであり、製品製造責任諮問委員会(PLAC)のSustaining Memberを務める。

2013年以来、The Best Lawyers in America誌の商事訴訟部門に毎年選ばれている。

シカゴ出身、1974年ブラウン大学心理学部卒業、1978年ノースウェスタン大学ロースクールでJ.D.取得。同ロースクールではJournal of Criminal Law and Criminology編集員を務めた。イリノイ州裁判所、イリノイ州内の連邦地方裁判所、第3、第7巡回控訴裁判所登録弁護士。2006年からノースウェスタン大学ロースクールで法廷弁護技術の助教授を務めている。
EXPERIENCE

{{resultSet.Title}}

  • {{experienceSet.Content}} {{experienceSet.OccuredDateString}} Read More
INSIGHTS & EVENTS
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。