loader
Page is loading...

Alerts

カリフォルニア州最高裁判所 - 従業員の未払い賃金はPAGA法のみでは回収できない

2019年9月17日   |   アトランタ | デトロイト | シカゴ | コロンバス | ダラス | デラウェア | エルクハート | フォートウェイン | グランドラピッズ | インディアナポリス | ロサンゼルス | ミネアポリス | サンディエゴ | サウスベンド | ワシントンD.C.

カリフォルニア州の労働者は、同州のPAGA法(Private Attorneys General Act)に基づき、雇用主の労働法違反に対して民事訴訟を提起できるが、カリフォルニア州最高裁は、PAGA法にのみ基づく訴訟では未払い賃金は回収できないという裁定を下した。

詳しくは英語版Alertをご参照下さい。

メーリングリスト登録

ニュースレター、催しのお知らせをメールでお送りします。サブスクリプションセンターからお申し込みください。(無料)

サブスクリプションセンターへ
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。