loader
Page is loading...
概要

ネイサン・ベイカー
パートナー

インディアナポリス

11 S. Meridian St.
Indianapolis, IN 46204

P 317-231-7806

F 317-231-7433

概要

ネイサン・ベイカー
パートナー

インディアナポリス

11 S. Meridian St.
Indianapolis, IN 46204

P 317-231-7806

F 317-231-7433

あらゆる分野の従業員訴訟で企業代表を務め、雇用法、労働法関連の日常的な法的アドバイスを提供している。

OVERVIEW

あらゆる分野の従業員訴訟で企業代表を務め、雇用法、労働法関連の日常的な法的アドバイスを提供している。

製造、自動車、金融、小売、公益事業、医療等をはじめ、幅広い業界の全米及び外国企業をクライアントに持つ。また、市町村政府、公共事業に対しても雇用関連の法務アドバイスを提供している。

あらゆる分野の従業員訴訟で企業代表を務め、雇用上、及び労組関連の日常的な法的アドバイスを雇用者に提供している。訴訟では、賃金労働時間に関する調査、査察、EEOC(雇用機会均等委員会)、州の公民権委員会等における企業代表、また、差別、ハラスメント、不当解雇関連の訴訟や、ADA(身障者保護法)、ADEA(年齢差別禁止法)、FMLA(家族介護休暇法)、ERISA(従業員退職所得保障法)等に関する訴訟で、企業を代表している。

改変の激しい雇用法にあって、様々な局面で常にプロアクティブなアプローチで、問題の発生を未然に防ぎ、常に適切で的確なアドバイスをすべく、クライアントの法務、及びビジネス全般をサポートしている。

労働法関連では、労組組織の回避トレーニング提供や、仲裁手続きでのヒアリング、NLRA(全国労働関係局)での不当労働クレーム、組合化運動、ストライキ、ロックアウト等の対応などの法務サービスを手がけ、団体賃金交渉、組合化運動でのクライアント代表など、クライアント個々に独自な法務対策を提供してきている。

雇用関係に関する実務、ポリシー等に関するトレーニングの提供や、就業規則、雇用契約の作成のほか、商工会議所、人事関係団体での講演なども積極的に行っている。

Martindale-Hubbell®でAV Preeminentにランクされ、Indiana Super Lawyers®では二度"Rising Star"に選ばれ,2018年度のThe Best Lawyers in Americaに選出されている。

ている。ワバシュ・カレッジ哲学部卒業、イリノイ大学ロースクール修了。

インディアナ最高裁判所、北部、南部インディアナ連邦地方裁判所、中部イリノイ連邦地方裁判所、第7巡回裁判所登録弁護士。

Honors

Indiana Super Lawyers Rising Star, twice

The Best Lawyers in America, 2018

Martindale-Hubbell, AV Preeminent

EXPERIENCE

{{resultSet.Title}}

  • {{resultSet.Content}} {{resultSet.OccuredDateString}}
INSIGHTS & EVENTS
最新情報 Connect
本サイトはより快適に閲覧いただくため、クッキー(Cookie)を使用しています。サイト内のリンクをクリックすることでクッキーの使用にご承諾頂いたものとみなします。